スタントライディング用デカロケの解説【ビッグスプロケット】

今回紹介するのは通称「デカロケ」と呼ばれる大きいサイズのスプロケットです。

ライダーのセッティングによって大きさは異なりますが、おおよそ60丁前後が多いと思います。中には70丁という強者にもあったことがあります。

ちなみに70丁の場合、恐ろしくバイクが前に進まない(笑

さらにホイールよりちょい小さいくらい(爆笑
で、この「デカロケ」はスタントライディング特有のパーツですが、なぜそんな大きなスプロケットが必要なのかを解説していきます。

先日僕はノーマルのストリートトリプルでスタントをやったのですが、

https://www.youtube.com/watch?v=zYmK2XPvSrw

この時にもちろんノーマルのスプロケットで乗りました。

なので、いまこのデカロケのありがたみが身に染みる!!
詳しくは動画をご覧ください。

暇つぶしにどーぞ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です