ノーマルのストリートトリプルでスタントライディングに挑戦 前編

先日ご紹介した、ノーマルのストリートトリプルで実際にエクストリームライディングに挑戦してみました!

エンジンケージがついていなかったり、スプロケットがノーマルだったり、クラッチが重かったり、とにかくスタントライディングをやるうえで何もスタントパーツを取り付けづに、バイク屋さんから納車したそのままの状態で
「どこままでスタントライディングができるのか?」
に挑戦してみました。

エクストリームライディングってエンジンケージやハンドブレーキやデカロケ(大きいスプロケット)などがついてるから、技がかなりやり易くなっているのが現実です。

おそらく、ほとんどのエクストリームライダーはノーマルビックバイクでやれって言われたらかなり嫌がるんじゃないかな?

僕も漏れず、「嫌がる一人」ですが、ここはあえてプロライダーらしいところを見てもらうためにチャレンジしました!

今回は前編になります。後編ではノーマルのバイクに乗った感想やバイクのインプレッションお伝えする予定です。

暇つぶしにどーぞ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です