スタントライディング用デカロケの解説【ビッグスプロケット】

今回紹介するのは通称「デカロケ」と呼ばれる大きいサイズのスプロケットです。
ライダーのセッティングによって大きさは異なりますが、おおよそ60丁前後が多いと思います。中には70丁という強者にもあったことがあります。
ちなみに70丁の場合、恐ろしくバイクが前に進まない(笑
さらにホイールよりちょい小さいくらい(爆笑

で、この「デカロケ」はスタントライディング特有のパーツですが、なぜそんな大きなスプロケットが必要なのかを解説していきます。
先日僕はノーマルのストリートトリプルでスタントをやったのですが、
https://www.youtube.com/watch?v=zYmK2XPvSrw
この時にもちろんノーマルのスプロケットで乗りました。
なので、いまこのデカロケのありがたみが身に染みる!!

詳しくは動画をご覧ください。
暇つぶしにどーぞ!!

ZX-6Rのスタントライデインングとベトナム遠征準備!

火曜日からベトナムへ行ってきます。
スタントフェスタというイベントに出演します!!
ホーチミンに在住の方は是非遊びにきてください!!
で、現地では去年までの僕のメインマシンZX-6Rが用意されています。
そのため、日本の僕のバイクについているスタントパーツを取り外して、持っていかなければなりません。
更に、今のメインマシンはトライアンフのストリートトリプルなので、ZX-6Rのフィーリングに慣れるのも課題。
ということで、朝からタイヤ交換をして、練習して、パーツの荷造りをしました!
動画見返すと、ずっと整備してるな(汗
これがスタントライダーの日常です。一生終わらない整備地獄。
一日の流れを動画にまとめたので、暇つぶしにどーぞ!!

ストリートトリプルのノーマルとスタント機の比較【エクストリームバイク専門チャンネル】

今回紹介する動画は、エクストリーム用のスタント機とノーマルのバイクの比較です。
エクストリーム用のバイクってどんなパーツがついているのかを解説してきます。
皆はエクストリーム用のバイクが特殊だって思ってると思うけどその通り!
すげー特殊な改造を沢山してるから、スタントライディングができます。

今後このノーマル機を使ってスタント車両のセットアップやパーツの紹介などもしていこうと思います。
是非楽しみにしてね!

エクストリームバイクの超重要パーツエンジンケージとZX-6Rのお話。

「前回ユーチューブ始めます」見たいな動画をアップしたけど、内容が全然面白くないので、すぐさま次の動画をアップします!

前の動画でエンジンケージを紹介するって言っちゃってるんで、今回の動画ではエクストリームバイク、スタントライディングでは必須ともいえる「エンジンケージ」のお話しです。
エンジンケージは転んだ時に地面にエンジンが直接当たらないするようにしているパーツで、ビッグバイクに関してはこのエンジンケージがなければスタントライディングって成り立ちません。
今回は僕が実際にエンジンケージがどんなものなのか解説していきます。
ただ、オフロードバイクについては結構エンジンが当たらないのでエンジンケージがなくても気軽にスタントライディングができます。
本格的にエクストリームバイクを基礎からやってみたい人には、250ccオフロードや125ccのグロムやDUKEシリーズなんかも良いね。

自分が最近乗ったバイクだとBMW G310Rっていうのもダークホース的存在だと思うよ。

動画ではエンジンケージのセットアップやカスタマイズについて詳しく解説してるので是非見てください!

そうだった!、でも前半はZX-6Rのお話。現在、ZX-6R、Street Triple , BMW F800Rのスタント車両を所有していますが、それぞれの特性がだいぶ違います。
本当はZX-6Rに乗り続けたかったけど、タマ数がなく将来性がないためストリートトリプルを作ったという経緯がありますが、僕が感じたZX-6Rの乗り易さや特性についても少し説明してます。
暇つぶしに見てね!