グロム納車テストツーリング/街乗りのインプレ&レビュー[モトブログ]

グロムで早速モトブログスタイルで撮影しつつ、グロムの感想や街乗りのインプレとレビューを語っていくよ!まえの動画でエクストリームのポテンシャルや技のやり易さについてはインプレをやったけど、街乗りのインプレとなると話す内容が全くちがうね!
しかし、グロムがちっちゃ可愛くて愛おしいぜ!

これからは、このグロムにはモトブログで活躍してもらう予定。
納車テストツグーリングの様子をご覧ください。

それでは暇つぶしにどーぞ!!

グロム納車しました![モトブログ]

グロム買っちゃいました!!

OGAチャンネルでmotoGITAさんからお借りしたグロムを二日間にわたって撮影で乗りましたが、とても気に入ってしまい、買ってしまいました!!
すでに、コメントをくださった方や僕の周りの人だけで結構な方がグロムを買ってくれましたが、まさか自分が買うことになるとは思わなかった(笑

これからはOGAチャンネルでツーリングや雑談などのモトブログ、整備、スタントのセッティングなどで大活躍してもらう予定です!いつかリスナーとツーリングとか行ってみたいね!
その際にお世話になった

■motoGITA様

http://www.moto-gita.com/
■トップメンテナンス様

http://topmente.net/
ご協力とサポートありがとうございます。これからもYouTube頑張ります!!

グロム試乗インプレッション&レビュー。エクストリームバイクの適性を語っていくよ!

■グロムのウィリーのやり方&エクストリームバイク講座

https://www.youtube.com/playlist?list=PLkQC2OhYWMtZAd3FwIS34fMG8tz3cF8lI
■グロムのドリフト講座

https://www.youtube.com/playlist?list=PLkQC2OhYWMtaO9QwfploOTdfA3-_KGl0E
前回のウィリーサークルでグロム編が終了となります。今回は、撮影で乗ったグロムの感想のまとめです。グロムでエクストリームバイクをやる場合の得意なところ苦手なところを各技についてお話ししていきます。
一言でわかりやすく言うと、「初心者のためのバイク」です。どの技もオールマイティにこなし、かつ扱いやすいパワーと、軽量な車体はエクストリームバイクを始めるには圧倒的にやり易く、リスクも少ないです。
もし、エクストリームバイクに興味を持っているなら、とてもおすすめな入門バイクです。
動画でも、もっと詳しくグロムについてお話しています。

それでは暇つぶしにどーぞ!!

バイクでのワンフットウィリーサークルのやり方 [グロム編]

グロム最終回の動画は、ワンフットでのウィリーサークル。前回解説したシッティングでのファグドラッグスタイルの応用編だ!

なれると実はスタンディング状態の方がコントロール幅が広いので、より簡単。でも、いきなりトライするのは怖いので、前回紹介した足を着いた状態でのシッティングサークルをしっかりできるようになってからチャレンジするのをお勧めします。
それではグロム編最後の動画をご覧ください。

暇つぶしにどーぞ!!

最も簡単なウィリーサークルのやり方・練習方法 [グロム編]

遂にグロム編最終章!最後のフェーズはウィリーサークルの練習方法を解説していくよ!ウィリーサークルができたら一人前のスタントライダーといえるね。エクストリームをやっていたら是非マスターしたい技だ!
今回はグロムでのサークルのやり方ですが、グロムの最大の利点である車高の低さを使って、足を着きながらサークルの練習をします。

ちなみに本場ではファグドラッグ(Fag Drag Wheelie)と呼ばれるスタイル。このファグドラッグスタイルでやればサークルの難易度はかなり下がる。さらにバランスのとり方も覚えられるし、足がついてるから安全。いわば補助輪のような役目になるわけです!
下記の動画がフロントアップの参考になるよ!

■【初心者必見】10分で出来るウィリーのやり方【グロム編】

https://www.youtube.com/watch?v=uHJjKycSGNc
■フローティングターンのやり方[グロム編]

https://www.youtube.com/watch?v=ULl_ZPC8h20
動画ではさらに詳しく解説していくよ!

それでは暇つぶしにどーぞ!!

DRIVENを装着していくよ!【グリップエンド、グリップ、プリロードアジャスター】[BONSAI MOTO / ボンサイモト]

BONSAI MOTOさんから提供していただいた、DRIVENのグリップエンド、グリップ、プリロードアジャスターを装着していきます!

日々の練習で消耗していく、スタント車両は維持がとにかく大変。こういったサポートが沢山あって、何とかバイクの維持ができています。
今回BONSAI MOTOさんにはハンドル周りのドレスアップということで、グリップ、グリップエンド、プリロードアジャスターの三点を提供していただきました。気になる方は下記のリンクでチェックしてね!
DRIVEN グリップ関連

http://bonsaimoto.jp/SHOP/178304/17238/list.html
DRIVEN プリロードアジャスター

http://bonsaimoto.jp/SHOP/178322/48482/list.html
それでは暇つぶしにどーぞ!

フローティングターンのやり方[グロム編]

今回はグロムでのフローティングターンのやり方を解説していくよ!

前にWR250での解説動画をアップしたけど、やはり小さく低速トルクが強いバイクはやり易い。WR250のような難しさは全くありませんでした。
高回転出力だと、エンジンを回さないとフロントアップができず、結果的にその場でのフロントアップが難しくなります。なので、エンジン特性もかなり大きく影響してくると思います。
それにしてもグロムは本当に万能バイクだね!

それでは暇つぶしにどーぞ!!

シンガポールバイクショー2018出演決定!!

シンガポールのモーターサイクルショーでショーやります!

8/17-19の三日間、シンガポールエクスポの特設ステージでフランスのジュリアンとショーをやります!!シンガポール旅行に行く予定があったら是非遊びに来てね!!
この動画はシンガポール向けの告知動画です。つたない英語でサーセン(汗

バイクのコースターウィリーのやり方[グロム編]

今回解説するのはコースターです!コースターっていう言葉を聞いたことないと思いますが、実はウィリーの技術の一つです。具体的には、ウィリー中にクラッチを切ってそのままウィリー走行を継続するテクニック。マイナス角に入れてクラッチを切るから言ううなれば自殺技です。でも、リアブレーキがしっかり操作できれば捲れることなく、垂直状態と減速状態をキープできるすごい技。
おもに、バイクの角度を90度の方向からさらにマイナス角(1 O’clockっていうよ)に入れる場合やウィリーバーを擦るときなどに使う技術です。さらに、クラッチを切ってアクセルを全開にするレブコースターなんていう技もあります。
実は結構は幅広いテクニックのコースターを今回は動画で解説していきます!
それでは暇つぶしにどーぞ!!

バイクのスロー&低速ウィリーのやり方[グロム編]

今回はウィリーの基本ができたら、次にトライしてほしいのが、スローウィリーです。基本的な真っすぐのウィリーを極めると、次のステージにウィリーサークルという技があります。

このウィリーサークルは難易度が高く、非常に難しい技ですが、その技にアプローチするときに必要になるのが、このスローウィリーです。
また、この減速ができると、直線のウィリーでも速度調節ができるようになり、飛距離ものびます!
なので、さらなるウィリーのコントロールにとても重要な技術ですので、是非トライしてみてください。
それでは暇つぶしにどーぞ!!